若手がリーダーとして活躍する職場。
“風通しが良く、やる気を後押しする社風”が
私を成長させてくれました。

豊川営業所 管理スタッフ

モノづくりに関わりたい。
就職活動で気づいた自分の本音。

モノづくりに興味があり、高校・大学と工業科で学びました。卒業後は営業職に就こうと思って就職活動をしましたが、「それは本当にやりたい仕事なのか」と自問自答するうちに、「地元で就職したい」「モノづくりの現場で働く人と接したい」と自分の未来が見えてきました。そんな時、知人からの紹介で知ったのが、南組でした。南組の面接では「ゆくゆくは現場の管理者になってほしい」と言われ、自分の実力を試してみたいと仕事のやりがいを感じました。130年続く実績のある会社という点にも安心感を覚え、入社を決めました。

スタッフの写真 スタッフの写真

社内コミュニケーションで交流を図り、
長所発揮で強いチームを作る。

主な仕事内容は、物流の管理スタッフとして、外部から搬入された物品を工場内の製造現場に振り分けるのが主な仕事です。リーダーの私を含め、チームは7人。私以外のメンバーの配置に気を配り、その人の長所が発揮できる仕事を任せることで成長を促していきたいと考えています。幸いなのは、南組は飲み会やゴルフコンペ・キャンプなど、社内外で社員が交流する機会が多いこと。プライベートでも一緒に過ごす時間があることで、仕事だけでは気づけないその人の良いところを見つけることができ、職場での能力発揮やより良いコミュニケーションに役立てています。

スタッフの写真 スタッフの写真

事故のない現場に!
誰もが安心して働ける職場を目指す。

これからの目標は「災害・事故のない会社」にすること。現場の管理者として一番怖いのは事故。未然に防ぐために積極的に資格を取得したり、セミナーに参加したりして知識を深めています。今後はチームメンバーの勉強の機会を設けて、現場にも安全・衛生・危険物などにおける有識者を増やし、的確な人員配置で事故を未然に防ぐ体制を整えたいです。南組ではこうした勉強会への参加を後押ししてくれる風土があるので、「こんなことをやってみたい」と発信でき、向上心の高い人なら絶対に成長できる環境だと思います。

スタッフの写真 スタッフの写真
応募者に一言

常に新しいことが
待っている職場です!

南組は、改善や新しいことが好きな人に向いている会社です。「工場=ライン作業」と考える人が多いと思いますが、南組の仕事はすべて受注生産。常に異なる形状、異なる素材、異なる設計でモノづくりをしていますので、私たちはいつも今までの経験を生かしながら「これはどうしたらより良い製品になるんだろう」と考えて作業しています。考えて、トライし、また考えて・・・。この繰り返しで製品が出来上がっていく。そんなダイナミックさをぜひ肌で感じていただきたいです。

スタッフの写真 スタッフの写真
電車の背景画像 電車の背景画像

先輩の1日

7:50 出社
8:05 ラジオ体操
職場の仲間とラジオ体操を行い、健康チェックをします。
8:10 朝礼・リスクアセスメント
当日の連絡事項や各担当の仕事量の確認と、情報共有をします。
8:20 清掃・設備点検
5分間の清掃と、フォークリフトや自動ラックなどの日常点検をします。
8:30 検収・伝票発券
合間に10分間の休憩を挟みながら、各担当の検収業務や伝票の発券業務などを行います。
12:00 昼食
昼食後は、職場の仲間と詰所にて休憩します。
13:00 検収・伝票発券
合間に10分間の休憩を挟みながら、検収業務や伝票の発券業務を行います。
15:10 伝票処理
当日の払出し伝票の処理を行います。
15:30 翌日段取り
当日の保管業務、各担当翌日分の払出し準備、大型機器の保管を行います。
16:45 退社準備
翌日の各担当の業務を確認します。
17:00 退社
必要に応じて残業をする場合もあります。

Other Interview

pagetop